ターゲット登録機能

CLI を使用し、remote.it を使って接続するターゲットとしてデバイスとサービスを登録する手順を説明します。

  1. デバイスの登録
  2. サービスの登録
  3. 登録状態の確認

 

1. デバイスの登録

1) “remoteit register” コマンドを実行します。”Device name:” で入力を求められたら、remote.it に登録するためのデバイス名を入力します。(本手順では demo-ubuntu と入力しています。)

sudo remoteit register
Device name: demo-ubuntu
✓ REGISTER in progress ...
✓ NEXT-ACTION: run 'remoteit add' to add services to this device

 

2) “remoteit status” コマンドを使用し、デバイスが登録できたことを確認します。
 ”Device:” テーブルのNameカラムに入力したデバイス名が表示されていることを確認します。UIDカラムに値があり、Stateカラムが “connected” と表示されていれば登録は成功です。

sudo remoteit status
 ∘ Fetching status

Username: jpdemo@remote.it

Device:
UID                        | Name                             | Type              | Status       | Address               
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
80:00:00:00:01:09:24:60    | demo-ubuntu                   | device            | connected    | 127.0.0.1:65535        

Services:

Connections:

 

以上でデバイスの登録は完了です。

 

2. サービスの登録

remote.it を使ってリモート接続するためのサービス(ポート)を追加します。

 

1) “remoteit add” コマンドを実行します。
 続けて対話形式で登録するサービスの情報の入力を求められますので、順次入力します。

    • “Enter Service Type:” で、登録するプロトコルタイプを指定します。該当するサービスが無い場合は TCP を指定してください。(本手順では SSH に対応する ID 28 を設定しています。IDの代わりに名前で SSH と指定することもできます。)
    • “Enter Port:” で、登録するサービスのポート番号を入力します。
    • “Enter Service name:” で、登録するサービスの任意の名前を入力します。ここで登録した名前が Webポータルやアプリ上で表示されます。
sudo remoteit add

Service Type is not specified or invalid. This is a list of valid service types 

 ID     | Name               | Default Port   | Protocol   | Description              
-------------------------------------------------------------------------------------------
 5     | RDP               | 3389           | TCP        | Microsoft remote desktop
 28     | SSH               | 22           | TCP        | Secure shell terminal    
 41     | Minecraft         | 25565        | TCP        | Minecraft server        
 43     | Terraria           | 7777           | TCP        | Terraria server          
 8     | HTTPS             | 443            | TCP        | Secure web protocol      
 37     | NxWitness         | 7001           | TCP        | Nx Witness VMS          
 39     | OpenVPN             | 1194           | TCP        | OpenVPN server          
 1     | TCP               | 0             | TCP        | Generic TCP              
 4     | VNC               | 5900           | TCP        | VNC remote desktop      
 7     | HTTP               | 80           | TCP        | Web protocol            
 8     | HTTPS             | 443            | TCP        | Secure web protocol      
 8     | HTTPS             | 443            | TCP        | Secure web protocol      
 42     | Admin Panel         | 29999       | TCP        | remote.it admin panel    
 32769   | UDP               | 0             | UDP        | Generic UDP              
 7     | HTTP               | 80           | TCP        | Web protocol            
 38     | Nextcloud         | 443            | TCP        | Nextcloud hub            
 32770   | WireGuard           | 51820        | UDP        | WireGuard VPN server    
 34     | SMB/CIFS            | 445            | TCP        | Internet file sharing    
 32771   | Minecraft Bedrock | 19132       | UDP        | Minecraft Bedrock server  

Enter Service Type ('ID' or 'Name', not case sensitive, default is 'ssh'): 28
Enter Port (default is '22'): 22
Enter Service Name (default is 'MyService'): ssh
✓ ADD in progress ...
✓ NEXT-ACTION: run 'remoteit add' to add more services

 

2) “remoteit status” コマンドを使用し、サービスが登録できたことを確認します。
 ”Services:” テーブルのNameカラムに入力したサービス名が表示されていることを確認します。 UIDカラムに値があり、Stateカラムに “connected” と表示されていれば登録は成功です。追加で他のサービスを登録する場合は、1) の手順を再度行ってください。

sudo remoteit status
 ∘ Fetching status

Username: jpdemo@remote.it

Device:
UID                        | Name                             | Type              | Status       | Address               
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
80:00:00:00:01:09:24:60    | demo-ubuntu                   | device            | connected    | 127.0.0.1:65535        

Services:
UID | Name | Type | Status | Address | Enabled
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
80:00:00:00:01:09:24:66. | ssh | SSH (28) | connected | 127.0.0.1:22 | true

Connections:

 

※ “remoteit add” コマンドには、必須フラグである “--type” の他に、いくつかのフラグが用意されており、”--help” フラグで確認することができます。

sudo remoteit add --help

Add a new service to your device

━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Usage │ remoteit  add COMMAND(s) --FLAG(s)
━━━━━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Flags │  Name               │ Type   │ Required │ Default   │ Description                                                    
         │  ────────┼────┼─────┼────┼────────────────────
         │  --name             │ string │ false    │           │ Service name                                                  
         │  --port             │ int    │ false    │ 0         │ Service port on local machine                                 
         │  --hostname       │ string │ false    │ 127.0.0.1 │ Hostname to use for this service                              
         │  --type             │ string │ false    │ -1        │ Service type NAME or ID, see 'remoteit supportedApplications' 
         │  --enable           │ bool   │ false    │ true      │ Enables/disables the service                                  
         │  ────────┼─── ┼────┼──────┼──────────────────── 
 Globals │  --json             │ bool   │ false    │ false     │ Enables JSON output                                           
         │  --j                │ bool   │ false    │ false     │ Enables JSON output, alias for --json                         
         │  --verbose        │ bool   │ false    │ false     │ Enables verbose output                                        
         │  --v                │ bool   │ false    │ false     │ Enables verbose output, alias for --verbose                   
         │  --config           │ string │ false    │           │ Config file                                                   
         │  --manufacture-id   │ int    │ false    │ -1        │ Overrides the ManufactureID sent to the backend                
         │  --platform-version │ int    │ false    │ -1        │ Overrides the PlatformVersion sent to the backend              
         │  --authhash         │ string │ false    │           │ Allows operating based on '--authhash', no elevated permissions
──────────┼────────────────────────────────────────────────────────────
 Examples │ remoteit add NAME PORT

 

以下にいくつかの主要なフラグを説明します。

    • --name
      登録するサービス名を指定します。
    • --port
      接続先のポート番号を指定します。
    • --hostname
      接続先のIPアドレスを指定します。指定しない場合、ローカルホスト(127.0.0.1)が設定されます。同一LAN上の別のコンピュータのローカルIPを指定することで、指定したそのIPアドレスへの接続として登録されます。
    • --type
      登録するサービスのプロトコルタイプを指定します。登録できるプロトコルタイプの一覧は “remoteit supportedApplications” コマンドで確認することができます。

 

※ 記述例

sudo remoteit add --name jump-ssh --port 22 --hostname 192.168.1.10 --type 28

 

以上でサービスの登録は完了です。

 

3. 登録状態の確認

正しくデバイスとサービスの登録が行われているかWebポータルで確認する方法を説明します。

 

1) デバイス登録状態の確認
 remote.it のWebポータルにアクセスしてサインインし、デバイスリストに先ほど登録したマシン名のデバイスが存在することを確認します。

 

2) サービス登録状態の確認
 登録されたデバイス名をクリックし、追加したサービスが存在することを確認します。

__________2020-09-09_0.24.58.png

 

3) 登録されたサービスへの接続確認
 別のPC等でremote.itのWebポータルへアクセスしてサービス名をクリックし、取得した宛先を使って接続できることを確認します。
(以下は SSH へ接続した例です。アドレスとポート番号の指定方法は、各アプリケーションの方法に従ってください。)

__________2020-09-09_0.39.43.png

__________2020-09-09_0.40.18.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています