デスクトップアプリのインストール

下記、ご利用OSを選択していただくと、詳しいインストール手順をご覧いただけます。

 

Windows
remote.it ダウンロードページに移動し、「Desktop Applications」内のWindows用インストーラをダウンロードします。
mceclip0.png

 

mceclip0.png

 

ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックし、インストーラを起動します。

mceclip0.png

 

ユーザーアカウント制御のポップアップダイアログが表示された場合は、「はい」をクリックしインストールを続行してください。

 

インストール中に remote.it のシステム・サービスを停止する旨のメッセージが表示される場合があります。「OK」をクリックします。

mceclip1.png


インストール先のフォルダを選択し、「インストール」をクリックします。
mceclip0.png



remote.it が既に起動している場合(例えば、以前からインストールしてあり、今回アップグレードする場合)、下記ダイアログが表示されます。「OK」をクリックすると、アップグレードのために一時的に remote.it サービスを終了します。remote.it 接続を利用している場合は、接続が一度切れることに注意してください。
mceclip3.png

 

デバイス登録を削除するかどうかを確認するダイアログが表示される場合があります。アップグレードの場合は必ず「いいえ」をクリックしてください。
mceclip1.png

 

インストールが完了したら「完了」をクリックします。
mceclip2.png
macOS
remote.it ダウンロードページに移動し、「Desktop Applications」内のMacOS用インストーラをダウンロードします。
mceclip6.png

 

「OK」をクリックします。

 

mceclip7.png

 

しばらくすると、下記ダイアログが表示されます。remoteit アイコンを Applications フォルダにドラッグします。

 

mceclip8.png

 

これでインストールは完了です。  次のページに進み、remoteit Desktop を起動します。

 

Linux
利用可能なインストールパッケージは以下のとおりです。
  • Arm v7 Debian, e.g. Raspbian on Raspberry Pi
  • Arm64 Debian, e.g. 64-bit Raspbian and ARM64 Ubuntu AWS images
  • x86_64 Debian, e.g. 64-bit Ubuntu, Mint, Debian

remote.it ダウンロードページに移動し、下記のように「Linux」を選択します。

mceclip1.png

 

ご利用のシステムに合ったパッケージをダウンロードします。

mceclip2.png

 

ターミナルを開き、「~/Downloads」フォルダに移動します。先ほどダウンロードした .deb ファイルを探し、次のステップのためにファイル名をメモしておきます。

gary@Old-Gigabyte:~$ cd ~/Downloads/
gary@Old-Gigabyte:~/Downloads$ ls *.deb
remoteit-amd64-installer.deb
gary@Old-Gigabyte:~/Downloads$

パッケージリストを更新します。

sudo apt update

必要に応じて .deb ファイル名を変更し、コマンドラインからインストールします。

sudo apt install -y ./remoteit-amd64-installer.deb

以上でLinuxシステムへのインストールは完了です。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています