レスポンシブユーザインターフェース

デスクトップアプリのバージョン 3.0 以降では、画面の横幅に応じて画面レイアウトを変更する「レスポンシブUI」を導入しました。 

 

ナローレイアウト

デスクトップアプリの横幅が 1,000 ピクセル以下の場合は、以下のように表示されます。

mceclip0.png

ワイドレイアウト

デスクトップアプリの横幅が 1,000 ピクセル以上の場合は、以下のように表示されます。

mceclip1.png

ナローレイアウトとワイドレイアウトの主な違い

ナローレイアウトの場合:

  • 主要なメニューの「Connections」「Devices」「Announcements」および「Settings」などを含む「More」は画面の下側に表示されます。
  • アカウント関連のメニューと設定は、「More」メニューの中の画面の右上にある青いアイコン mceclip3.png からアクセスできます。
  • 更新アイコン mceclip2.png は右上にあります。
  • サービス等をクリックして編集すると、編集項目等の詳細は画面の下部分に開きます。

mceclip0.png


ワイドレイアウトの場合:

  • 主要なメニューの「Connections」「Devices」「Announcements」および「Settings」などを含む「More」は画面の左側のパネルに表示されます。
  • アカウント関連のメニューと設定は、常に左上にある青いアイコン mceclip3.png からアクセスできます。
  • 更新アイコン mceclip2.png は左側パネルの右上にあります。
  • 左パネルには「NEW CONNECTIONS」ボタンがあり、最近使用した接続を確認したり、新しい接続を開始したりすることができます。
  • サービス等をクリックして編集すると、画面の右パネル部分に詳細が表示されます。追加の詳細は中央パネルに表示されます。

mceclip1.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています