remote.it for AWS 概要

remote.it はAWS(Amazon Web Services)と連携してEC2インスタンスを作成することができます。そのインスタンスは自動的に remote.it アカウントに登録され、remote.it を使用してのみアクセスできるようになります。また、このインスタンスを使用して、他のインスタンスやサービスに remote.it を使用してアクセス可能にすることができます。つまり、このインスタンスは AWS の他のインスタンスにアクセスするためのゲートウェイとして機能させることができます。

remote.it を使用することで、外部からのトラフィックを完全にブロックするようにセキュリティグループを設定し、remote.it を介してのみインスタンスへのアクセスを許可することもできます。remote.it はゼロトラスト / SASE アーキテクチャに準じており、非常に安全に運用することができます。インスタンスがこの仕様に従って設定されている場合、他の誰かがインスタンスにアクセスできる方法は、remote.it を介してインスタンスを共有するか、remote.it アカウントにアクセスできる権限を持っている場合だけです。

さらに、すべてのインスタンスは remote.it Web ポータルまたはデスクトップ アプリ上で見つけることができ、インスタンスが異なる地域にある場合でも、remote.it はすべてのリモート インスタンスと接続のハブとして機能します。これにより、すべてのインスタンスを一箇所にまとめて管理することができるため、非常に便利で簡単です。

 

このチュートリアルを開始する前に、以下のものがあることを確認してください。

下にスクロールしてガイドの詳細に進むことができます。

重要

remote.it デスクトップアプリにログインする際に使用したアカウントと同じ remote.it アカウントでAWSインスタンスを設定・登録してください。この「マスターアカウント」から、他のユーザーの remote.it アカウントにインスタンスを共有することができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています