Windows の RDP セットアップガイド

目次

はじめに

前提条件

1) 接続先の Windows デバイスでリモートデスクトップへのアクセスを有効にする

2) Windows デバイスに remote.it をインストールする

3) remote.it へ Windows デバイスを登録する

4) 登録したデバイスへリモート接続する

4-1) Windows デバイスからリモート接続する

4-2) macOS デバイスからリモート接続する

4-3) iPad からリモート接続する

4-4) remote.it Web ポータルからリモート接続する 

a. Windows で remote.it Web ポータルからリモート接続する

b. macOS で remote.it Web ポータルからリモート接続する

                       

はじめに

ここでは、リモートデスクトップ(RDP)を使用してWindowsデバイスへリモートアクセスを行うためのセットアップ方法について説明します。

 

前提条件

  • remote.it アカウント
    remote.it のウェブサイト
    で remote.it アカウントを作成します。

  • リモートデスクトップ(RDP)アクセスをサポートする Windows コンピュータ
    このガイドで紹介する方法は、ターゲットの Windows コンピュータが外部からのリモートデスクトップ(RDP)アクセスをサポートしている場合にのみ使用できます。例えば Windows 10 Pro や Enterprise などのエディションが対象です。接続先となる Windows デバイスが RDP をサポートしていない場合は、VNCなどの別のリモート接続ソフトウェアを使用する必要があります。

 

1) 接続先のWindowsデバイスで リモートデスクトップへのアクセスを有効にする

Windowsデバイスにリモート接続するには、まずそのデバイスでRDPでのリモートアクセスを有効にする必要があります。

 

コントロールパネルを開きます。 

control_center.png

 

「システムとセキュリティ」をクリックします。

system_and_security_jp.png

 

「システム」の「リモートアクセスの許可」をクリックします。

system_allow_remote_access_JP.png

 

「システムのプロパティ」ダイアログが表示されます。
「リモート」タブの中にある「リモートデスクトップ」の下の「このコンピュータへのリモート接続を許可する」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

under_remote_desktop_select_allow_remote_connection_to_this_computer_jp.png

 

このダイアログは、コンピュータを使用していない間はスリープ状態になるように設定されている場合に表示されます。リモート接続するためにはコンピュータが常に起動している必要があります。この設定を変更するために、「電源オプション」のリンクをクリックします。

your_computer_must_be_awake_jp.png

 

以下のような「電源プランの選択またはカスタマイズ」ダイアログが表示されます。
「バランス」の横にある「プラン設定の変更」をクリックします

next_to_balanced_jp.png

 

「コンピュータをスリープ状態にする」のドロップダウンメニューから「通用しない」を選択して、「変更の保存」をクリックします。 

7_then_under_the_put_computer_to_sleep_jp.png

 

このダイアログに戻ったら、「OK」ボタンをクリックします。 

8_go_back_to_this_dialog_and_click_ok_jp.png

 

以下の「ネットワーク レベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する(推奨)」のチェックボックスにチェックが入っていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。以上でRDP接続の設定は完了です。

9_confirm_this_box_is_checked_jp.png

 

以上でRDP接続の設定は完了です。

なお、remote.it をインストールする前に、あらかじめローカルネットワーク上で別のデバイスから接続できることを確認し、RDPが正しく機能しているかどうか確認することをお勧めします。 

 

2) Windows デバイスに remote.it をインストールする

 remote.itのダウンロードページを開きます。

「remote.it for Mac, Windows」カテゴリーから「Download for Windows」のボタンをクリックしてダウンロードします。(MD5を使ってダウンロードしたファイルが正しいことを確認できます。) 

download_for_windows_button.png

ダウンロードしたインストーラーを実行し、remote.it をインストールしてください。 

 

3) remote.it へ Windows デバイスを登録する

この手順は、ビデオでも紹介しています。併せてご参考ください。
※iPadとWebポータルからの接続方法を紹介するビデオは後日追加予定です。

 

Windows から接続する場合(日本語字幕あり):

 

macOS から接続する場合(日本語字幕あり):

 

接続先の Windows デバイスで、インストールした remote.it デスクトップアプリを実行します。 

remote.it_icon_2_jp.png

 

remote.it アカウントにサインインします。
※ここでサインインした remote.it アカウントにこのデバイスが登録されます。

remote.it_signin_desktop.png

 

「Settings」タブを開き、「Set up remote access」メニューをクリックします。

open_the_settings_page_jp.png

 

以下のような画面が表示されます。
デフォルトでは、remote.it アカウント上に登録されるデバイス名として Windows のコンピューター名が Name のフィールドに表示されます。変更したい場合は、任意の名前を入力してください。

「Services」の下に4つのサービスが表示されます。いくつかの標準サービスはあらかじめチェックされています。

windows_name_jp.png

 

ここでは、「ms-wbt-server」と「remoteit Admin Panel」のサービスを登録します。「ms-wbt-server」は RDP のサービスです。また、「remoteit Admin Panel」を使うことで、後で他のサービスをリモートで追加することが可能です。
「ms-wbt-server」と「remoteit Admin Panel」をチェックしたまま、他のサービスのチェックを外し、青い
「REGISTER」ボタンをクリックします。

services_check_jp.png

 

デバイスの登録処理が完了すると、黒い「デバイス名 registered successfully!」のバナーが表示され、以下のような画面に移ります

green_check_mark_device_jp.png

 

 以上で remote.it へのデバイス登録は完了です。

 

4)登録したデバイスへリモート接続する

様々なデバイスから先ほど登録した Windows デバイスへリモート接続できます!

 

4-1) Windows デバイスからリモート接続する

別の Windows デバイスで remote.it デスクトップアプリを実行します。
先ほどデバイスを登録した時に使用した remote.it アカウントでサインインしてください。

remote.it_icon_2_jp.png

 

サインイン後、「Devices」タブのリストに登録したデバイスが表示されます。登録したデバイスをクリックします。 

1.png

 

先ほど登録したRDPサービス「ms-wbt-server」が見つかります。サービス名の左にある緑色の「CONNECT」ボタンをクリックします。 

2.png

 

接続が成功すると、接続ボタンが青い「DISCONNECT」ボタンに変わります。また、サービス名の下に接続先のアドレス(この手順では「localhost: 33000」)が表示されます。このアドレスを利用してデバイスにリモートデスクトップで接続します。

3.png

 

このローカルホストアドレスを使用すると、接続先の Windows デバイスに直接接続できます。ピアツーピア接続(P2P接続)とも呼ばれます。P2P接続の詳細については、こちらの情報も併せてご確認ください。

 

接続アドレスをコピーするために、クリップボードのアイコンをクリックします。 

4.png

 

次に、RDPクライアントアプリケーション「リモートデスクトップ接続」を開きます。
「コンピューター」のフィールドに先ほどコピーした接続アドレスを貼り付け、「接続」ボタンをクリックします。

5.png

 

接続先 Windows コンピュータのユーザー名とパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。

6.png

 

確認ダイアログが表示されます。「はい」ボタンをクリックします。

7.png 

 

接続が完了すると、接続先の Windows デバイスのデスクトップ画面が表示されます。
これで remote.it を使ったリモート接続が完了し、接続先の Windows デバイスをいつもどおり使用することができます。

 

接続を停止する場合は、RDPクライアントアプリケーションを閉じます。切断を確認するダイアログが表示されますので、「OK」をクリックします。

8.png

 

remote.it デスクトップアプリケーションの画面を開きます。
「Devices」タブの中の、停止したいサービスの横にある青い「DISCONNECT」ボタンをクリックし、remote.it の接続を切断します。

9.png

 

または、「Connections」タブに表示されているサービスの「DISCONNECT」ボタンを使用することもできます。青い「DISCONNECT」ボタンが緑の「CONNECT」ボタンに変わったら、remote.it の接続は終了します。

10.png

 

タスクトレイからも同様に操作できます。remote.it ロゴをクリックします。

 11.png

 

停止するサービスをマウスオーバーし、「Disconnect」メニューをクリックしてください。

12.png

 

 

4-2) macOSデバイスからリモート接続する

macOS デバイスからリモート接続を行うために、あらかじめ remote.it と RDP クライアントをインストールする必要があります。

remote.itのダウンロードページを開きます。

「remote.it for Mac, Windows」カテゴリーから「Download for MacOS」のボタンをクリックしてダウンロードします。(MD5を使ってダウンロードしたファイルが正しいことを確認できます。) 

a.png

ダウンロードしたパッケージを実行し、remote.it をインストールしてください。 

 

RDP クライアントは、ここでは Microsoft 公式の「Microsoft Remote Desktop」を使います。 
Mac App Store からダウンロードしてインストールすることができます。

 

macOS デバイスで remote.it のデスクトップアプリを実行します。

1__1_.png

 

デバイスを登録した時に使用した remote.it アカウントでサインインします。

2__1_.png

 

サインイン後、「Devices」タブのリストに登録したデバイスが表示されます。登録したデバイスをクリックします。 

3__1_.png

 

先ほど登録したRDPサービス「ms-wbt-server」が見つかります。サービス名の左にある緑色の「CONNECT」ボタンをクリックします。 

4__1_.png

 

接続が成功すると、接続ボタンが青い「DISCONNECT」ボタンに変わります。また、サービス名の下に接続先のアドレス(この手順では「localhost: 33000」)が表示されます。このアドレスを利用してデバイスにリモートデスクトップで接続します。

5.png

 

このローカルホストアドレスを使用すると、接続先の Windows デバイスに直接接続できます。ピアツーピア接続(P2P接続)とも呼ばれます。P2P接続の詳細については、こちらの情報も併せてご確認ください。

 

接続アドレスをコピーするために、クリップボードのアイコンをクリックします。 

6.png

 

次に、RDPクライアントアプリケーション「Microsoft Remote Desktop」を開きます。
「Add PC」
(PCの追加)をクリックします。

7.png

 

 

接続先の情報を入力するダイアログが表示されます。 「PC name」のフィールドにフィールドに先ほどコピーした接続アドレスを貼り付け、「Add」ボタンをクリックします。

8.png

 

追加した接続先が表示されます。先ほど入力したアドレスが表示されていることを確認し、ダブルクリックします。

9.png 

 

接続先 Windows コンピュータのユーザー名とパスワードを入力し、「Continue」ボタンをクリックします。

10.png

 

証明書に関する設定を特にしていない場合、自己署名証明書に関する警告を表示します。これは remote.it が RDP の要求する接続動作を仲介するために予期された動作です。
(Windows コンピューターに頻繁にリモート接続する予定で、このポップアップを削除したい場合は、こちらの情報をご参考ください。)

「Continue」ボタンをクリックします。

11.png

 

接続が完了すると、接続先の Windows デバイスのデスクトップ画面が表示されます。
これで remote.it を使ったリモート接続が完了し、接続先の Windows デバイスをいつもどおり使用することができます。

 

接続を停止する場合は、RDPクライアントアプリケーションを閉じます。

remote.it デスクトップアプリケーションの画面を開きます。
「Devices」タブの中の、停止したいサービスの横にある青い「DISCONNECT」ボタンをクリックし、remote.it の接続を切断します。

12.png

 

または、「Connections」タブに表示されているサービスの「DISCONNECT」ボタンを使用することもできます。青い「DISCONNECT」ボタンが緑の「CONNECT」ボタンに変わったら、remote.it の接続は終了します。 

13.png

 

タスクトレイからも同様に操作できます。remote.it ロゴをクリックして停止するサービスをマウスオーバーし、「Disconnect」メニューをクリックしてください。

14.png

 

4-3) iPad からリモート接続する

iPad からリモート接続を行うために、あらかじめ remote.it と RDP クライアントをインストールする必要があります。

remote.it と RDP クライアントは App Store でダウンロードすることができます。

 

iPadから remote.it アプリを実行します。

1.jpg

 

デバイスを登録した時に使用した remote.it アカウントでサインインします。

2_ipad.jpg

 

サインイン後、中央のタブのリストに登録したデバイスが表示されます。登録したデバイスをタップします。 

full_device_list.jpg

  

先ほど登録したRDPサービス「ms-wbt-server」が見つかります。サービス名をタップします。 

3_ipad.jpg

 

「Connection Handler」をタップして「Remote Desktop Client」を選択し、青い「Connect」ボタンをタップします。

16_ipad.jpg

 

 

接続が成功すると、接続ボタンがグレーの「Close Connection」ボタンに変わります。
また、以下のような接続先のProxyサーバのアドレスが表示されます。このアドレスを利用してデバイスにリモートデスクトップで接続します。

この Proxy サーバのアドレスを使用すると、接続先の Windows デバイスに remoteit クラウド経由で接続します。Proxy 接続の詳細については、こちらの情報も併せてご確認ください。

RDPクライアントを起動して接続するために、「Remote Desktop Client」の右の矢印アイコンをタップします。

12_ipad.jpg

  

RDP クライアントが自動で実行され、Proxy サーバのアドレスを使って RDP 接続が開始されます。
接続先 Windows コンピュータのユーザー名とパスワードを入力し、「Continue」をタップします。
 

13_ipad.PNG 

RDP 接続が完了すると、接続先の Windows デバイスのデスクトップ画面が表示されます。
これで remote.it を使ったリモート接続が完了し、接続先の Windows デバイスをいつもどおり使用することができます。

 

接続を停止するには、RDPクライアントアプリケーションを閉じます。

続けて remote.it アプリの画面を開き、RDP サービスの画面下の「Close Connection」をタップします。

15_ipad.jpg

 

ボタンが再び青い「Connect」に戻ったら、リモート接続は終了します。 

16_ipad.jpg

 

4-4) remote.it Web ポータルからリモート接続する 

remote.it の Web サイトにアクセスし、デバイスを登録した時に使用した remote.it アカウントで Web ポータルにサインインしてください。


サインイン後、「Devices」メニューのリストに登録したデバイスが表示されます。登録したデバイスの「Status」列の「CONNECT」をクリックします。 
 

web_portal_1.png

 

登録したデバイスで利用可能なサービスのリストがドロップダウンメニューが表示されます。RDPサービスの「ms-wbt-server」 をクリックします。

web_portal_2.png

 

接続が確立されると、以下のようなダイアログで接続先デバイスに接続するための Proxy サーバのアドレスが提供されます。このアドレスを利用してデバイスにリモートデスクトップで接続します。

この Proxy サーバのアドレスを使用すると、接続先の Windows デバイスに remoteit クラウド経由で接続します。Proxy 接続の詳細については、こちらの情報も併せてご確認ください。

以下のアドレス(proxyXX.rt3.io:nnnnn)をコピーします。 

13.png

 

Windows 以外のコンピューターには標準で RDP クライアントがインストールされていないため、別途事前に RDP クライアントをインストールする必要があります。

a. Windows で remote.it Web portal からリモート接続する

b. macOS で remote.it Web portal からリモート接続する

 

なお、ここで取得した Proxy サーバのアドレスは一定時間経過後に使用できなくなります。再度接続する場合は、Webポータルで再度アドレスを取得してください。 

 

a. Windows で remote.it Web ポータルからリモート接続する

RDPクライアントアプリケーション「リモートデスクトップ接続」を開きます。
「コンピューター」のフィールドに先ほどコピーした接続アドレスを貼り付け、「接続」ボタンをクリックします。

14.png

 

接続先 Windows コンピュータのユーザー名とパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。

15.png

 

確認ダイアログが表示されます。「はい」ボタンをクリックします。

16.png

 

接続が完了すると、接続先の Windows デバイスのデスクトップ画面が表示されます。
これで remote.it を使ったリモート接続が完了し、接続先の Windows デバイスをいつもどおり使用することができます。

接続を停止する場合は、RDPクライアントアプリケーションを閉じます。切断を確認するダイアログが表示されますので、「OK」をクリックします。

 8.png

 

b. macOS で remote.it Web ポータルからリモート接続する

RDPクライアントを実行します。このガイドでは Microsoft 公式の「Microsoft Remote Desktop」を使用します。

「Add PC」ボタンをクリックします

Screen_Shot_2020-08-25_at_7.29.16_PM.png

 

接続先の情報を入力するダイアログが表示されます。 「PC name」のフィールドにフィールドに先ほどコピーした接続アドレスを貼り付け、「Add」ボタンをクリックします。

__________2020-08-25___7.32.57.png

 

追加した接続先のボックスが表示されます。先ほど入力したアドレスが表示されていることを確認し、ダブルクリックします。 

__________2020-08-25___7.33.29.png

 

接続先 Windows コンピュータのユーザー名とパスワードを入力し、「Continue」ボタンをクリックします。

__________2020-08-25___7.34.07.png

 

証明書に関する設定を特にしていない場合、自己署名証明書に関する警告を表示します。これは remote.it が RDP の要求する接続動作を仲介するために予期された動作です。
(Windows コンピューターに頻繁にリモート接続する予定で、このポップアップを削除したい場合は、こちらの情報をご参考ください。)

「Continue」ボタンをクリックします。

__________2020-08-25___7.34.42.png

 

接続が完了すると、接続先の Windows デバイスのデスクトップ画面が表示されます。
これで remote.it を使ったリモート接続が完了し、接続先の Windows デバイスをいつもどおり使用することができます。

 

接続を停止する場合は、RDPクライアントアプリケーションを閉じます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています